術後の生活に制限が設けられることがある

豊胸手術の方法にはいくつか種類がある

豊胸手術にはヒアルロン酸注入法や、自分自身の脂肪を注入する脂肪注入法があります。ヒアルロン酸や脂肪は身体に吸収されるため、時間の経過とともにサイズダウンされるという特徴を有します。そのため、身体に吸収されないシリコンバッグ法を希望する人も少なくありません。挿入できるバッグのサイズは、体の大きさに依存するため、事前のカウンセリングが欠かせません。また、豊胸手術はオペをする医師の経験値に左右されやすいです。特にシリコンバッグ法では、大胸筋と乳腺の間にバッグを入れるスペースをあけますが、このときに出血があるとバッグが付着してしまう可能性があります。確かな技術を持つ医師のもとで手術をした方が安全なので、クリニック選びは慎重に行うと良いでしょう。

豊胸手術後の生活について

豊胸手術にはいくつかの方法があり、手術を希望する人の体の状態や予算などによって適切な方法は異なります。そのため、カウンセリングを行うことで、最適な方法を選択することになるでしょう。まず比較的気軽にできる豊胸手術として、ヒアルロン酸注入法や脂肪注入法が挙げられます。特に脂肪注入法は施術後、数日程度筋肉痛のような痛みが発生するかもしれません。薬を使って症状を抑えることになりますが、日常生活に大きな制限が出ることはあまりありません。一方、シリコンバッグを挿入する人工乳腺法の場合、施術当日のシャワーは控えた方が良いです。また、体の負担を考慮して施術翌日は仕事を休む必要があります。ただし、入院するケースはほとんどなく、仕事も2~3日程度で復帰できます。