サイズを大幅アップが期待できる人工乳腺法

身体に吸収されない豊胸手術

豊胸手術というと、ヒアルロン酸を注入する方法をイメージする人は多いです。この方法はプチ豊胸ともいわれ、比較的手軽に受けられる豊胸手術として有名です。また、自分の脂肪を注入する脂肪注入法もあります。これは自分自身の脂肪を使うため、アレルギー反応が出ることがなく、比較的安全性が高い豊胸手術です。しかし、ヒアルロン酸注入法や脂肪注入法の場合、注入した物質が身体に吸収されてしまうという特性があります。そのため、時間が経つとサイズダウンして効果がなくなってしまいます。そこで、身体に吸収されない人工乳腺法を受ける人も少なくありません。人工乳腺法では、シリコンバッグを大胸筋と乳腺の間に挿入します。体の大きさによって挿入するバックは異なり、事前のカウンセリングが重要です。

大幅なバストアップが期待できる

「誰にも気づかれないように2カップ大きくしたい」とか「授乳後のしぼんだ胸にボリュームを取り戻したい」などの希望を持つ人に行われる人工乳腺法。多くの美容整形外科では、日帰り手術で対応しています。また、使用するシリコンバッグはクリニックによって異なりますが、中には耐久性や柔軟性に定評がある高品質のバッグを挿入するところもあります。人工乳腺法では大幅なバストアップが期待できますが、まずはカウンセリングでどれ位の大きさを希望するかをしっかり話し合わなければなりません。何故なら、シリコンバッグを取り付けることで、かえって不自然な形になってしまうことがあるからです。特にやせ形で元々のバストがない人はその傾向があり、その場合は大きさやシリコンバッグの挿入場所を変えることになります。