メスによって体を傷つけることなく受けられるヒアルロン酸注入

体に負担がないのが魅力

美容クリニックには、バストの小ささに悩んでいる方のために様々な種類の豊胸施術が用意されています。中でも最も手軽に受けられると話題なのが、ヒアルロン酸注入です。これは、文字通り、豊胸用のヒアルロン酸をバストに注射で入れてバストを大きくする施術方法です。一番のメリットは、一切メスを使って皮膚を切開することがないので体への負担がありません。痛みが不安という方のために局部麻酔での施術も可能なので、手術が苦手という方にうってつけと言えるでしょう。術後に腫れ、内出血などの症状がありますが、軽度なので日常生活に支障をきたすこともないです。また、施術時間もおよそ10分という短時間で完了するので、仕事や家事などで忙しくてなかなか時間が確保できない方も受けやすいですよ。

ヒアルロン酸注入は数年しか継続しない

ヒアルロン酸注入は、バストに注射でヒアルロン酸を入れることでバストアップすることが可能です。体への負担も少ない上に短い施術時間で終わるので、胸のサイズで悩んでいる人が気軽に受けられる施術と言えます。ただ一つ覚えておかなければいけないのは、ヒアルロン酸注入による豊胸は持続性がないということです。そもそもヒアルロン酸は体に存在している成分なので、バストに注入すると徐々に体内に吸収されていくのです。施術後、時間がたつにつれてバストのサイズが少しずつ小さくなっていき、やがて元のサイズに戻ってしまいます。平均すると施術から2年ほどで元のサイズに戻ってしまうので、バストの大きさをそのままキープするには再びヒアルロン酸を注入する必要があります。